レーシック 手術最前線TOP > 近視・遠視・乱視

目の仕組み

正常な眼球と光の屈折目は、非常に精巧なカメラに例えられます。カメラはレンズを前後に移動させたり、絞りで光量を加減したりして、被写体をフィルムにくっきり写るように調節しますが、目の場合も同じ仕組みで物を見ているのです。
角膜(フィルター)を通った光は、虹彩(絞り)で光量を加減し、水晶体(レンズ)の厚さを調節してピントを合わせます。そして透明なゲル状の硝子体を通過して、網膜(フィルム)に像が写し出されるのです。
正常な眼球は左図のように、網膜に映し出された像のピントが合っている状態のことをいいます。

近視・遠視とは

近視とは、遠くを見たときに網膜よりも手前に光の焦点が結ばれてピントが合わず、遠くにあるものがぼんやり見えてしまう屈折異常のことです。
近視は、角膜や水晶体による光の屈折率が強すぎたり(屈折性近視)、眼球が通常よりも前後(角膜から網膜までの距離)に長い(軸性近視)場合、網膜よりも手前で焦点を結んでしまうのです。

近視と遠視

遠視は、近視と反対に網膜よりも後方で光の焦点が結ばれてしまう状態です。遠視だと、遠くのものを見るときでも毛様体筋を動かして調整しようとするため、眼精疲労の原因となります。
遠視も、光の屈折率が弱い場合(屈折性遠視)や、眼球が短い(軸性遠視)と起こります。

乱視とは

乱視の種類光を屈折させる角膜や水晶体にゆがみがあると、目の縦方向と横方向の屈折の度合いが変わってきます。例えば、眼球がラグビーボールのように縦横のカーブが異なると、ピントの位置が複数になり、その結果網膜のどこにもピントが合わず、遠くも近くもぼやけて見えるのが「乱視」です。
乱視は「正乱視」と「不正乱視」があります。
正乱視は、目の横方向と縦方向の屈折力が違いが強い状態で起こり、光の焦点が2ヶ所で結ばれてしまいます。
右図のように、通常より縦のカーブが強いと「直乱視」、横のカーブが強いと「倒乱視」、斜めにゆがんだ状態は「斜乱視」と呼ばれています。直乱視は若い人に多く、倒乱視は高齢の方に多く見られます。

不正乱視は、角膜の表面がデコボコで不規則にゆがんでしまうために起こるもので、円錐角膜や角膜炎などの病気が主な原因になります。ハードコンタクトレンズで矯正したり、重度の場合は角膜を移植する手術などが必要になります。

屈折異常による見え方の違い

続いては屈折異常の中でも特に多い「近視」について詳しく説明していきます。
次頁「近視の種類について」をご覧ください。



Valid XHTML 1.0 Strict Valid CSS!